障がい福祉

不動産活用

障がい者グループホームの指定取ります。

大阪堺市の行政書士の岡田です。 知的障がい者や精神障がい者が、施設や病院にから出た後に共同して生活する場所が、障がい者グループホームです。 そのニーズはあるのですが、数が足りておりません。 建物の要件、人の要件を満たす必要があります。 た...
不動産活用

所有の一戸建て、障がい者グループホームにしませんか

使っていない住宅、不動産を所有の方、社会的に意義のある事業に参加してみませんか。 それは障がい者グループホームです。 障がい者グループホームとは、障がい者が数人で共同して生活する住宅です。 普通の住宅と特に変わりはありません。 変わるとす...
補助金、給付金

堺市障がい者グループホームの補助金

以下は、堺市のホームページからの抜粋です。 堺市内で新規開設する障害者グループホーム(共同生活住居)の初度設備整備(備品購入)にかかる費用を補助します。 なお、グループホーム開設日(または3月末日のいずれか早い方)までに完納・完了す...
障がい福祉

障がい福祉サービス利用の流れ

障害福祉サービスには、大きく分けて介護給付と訓練等給付があります。 介護給付の場合は『障害区分認定』が必要です。 訓練等給付の場合は、一部を除き不要です。 まずは、市区町村の窓口に相談に行き、その後必要な手続きを行います。 利用できるまで...
不動産活用

空き家活用と障がい者グループホーム

地域での空き家や、アパートマンションの空室が増えています。昨今のコロナの影響で民泊として運営していた建物も外国人が来なくなったためやはり、空室が増えました。 そこで、各種制約はありますが、障がい者のグループホームという活用はいかがで...
不動産活用

既存住宅の福祉施設への転用

建築基準法の改正が2019年6月25日より施行されました。 福祉施設に関係する部分は3階建ての建物でも必要な措置を講じることで耐火建築物であることを不要とすること、又200㎡以下の建築物の他用途への転用は建築確認手続きを不要とすることです...