経営業務の管理責任者と専任技術者は兼務可能なのか

建設業

大阪の宅建業免許、建設業許可に詳しい行政書士の岡田です。

経営業務に管理責任者と専任技術者は、どちらも建設業の許可では重要なポジションです。これは同じ人が兼任してもいいのでしょうか。

建築許可の要件である、経営業務の管理責任者と専任技術者はどちらも『常勤』が求められています。

『常勤』とは、原則として勤務しない日を除き、一定の計画の下に毎日所定の時間中、その職務に従事していることです。

また、専任技術者は『常勤』し、さらに営業所ごとに『専任』が求められます。

『専任』とはその営業所に従事して専らその職務に従事することです。

つまり、経営業務の管理責任者であり、専任技術者である条件を満たす者は、営業所が同一の場合、兼務が可能です。

この件については国土交通省の『建設業許可事務ガイドライン』にも書かれています。

建設業
建設業許可 宅建業免許 不動産特定共同事業許可・登録 大阪 行政書士

コメント