土地境界確認書の作成

土地の境界確認書必要な理由

売却や購入に必要

土地を売却したり、購入したりするときに困ることの最大の原因は境界がはっきりしていないことです。その状態では、売れにくいし、買う方も買いにくいのは明らかです。

土地境界の位置に紛争がある場合は、そもそもその紛争が解決してからでないと、境界確定は難しいですが、そうでない場合で、今まで特に書面化していないときは早めに書面化して、残しておかれることをお勧めします。(※境界の紛争には当事務所は関与できません。)

その書面のことを『境界確認書』と呼びます。

隣地の所有者がお互いに、土地の境界の位置を確認し、場合によっては何らかの目印(境界標)を設置して、その内容を書面化します。これだけで、将来何かあったときでも安心です。

当事務所ではこの土地境界確認書の作成代理を行います。

測量するのにも必要

土地の広さを計算(測量)するためには、その大きさが確定していなければなりません。そしてその大きさを確定するためには、境界が明確であることが必要です。

境界確定後、測量が必要な場合はこれも行います。

※登記業務は土地家屋調査士の業務になります。登記が必要な場合は、ご紹介します。

※不動産業者様からのご依頼も受付します。売買時の境界確認資料としてご活用ください。

建設業許可 宅建業免許 不動産特定共同事業許可・登録 大阪 行政書士